庭付きの家を購入するなら注文住宅?

一戸建て住宅には魅力が満載

マイホーム購入は、一般的には一戸建て住宅とマンションに分かれます。その中の一戸建て住宅に関しては、さらに注文住宅と建て売り一戸建て住宅に分かれます。
どちらか選ぶのであれば、自由設計でさまざまなこだわりを形にすることができる注文住宅が良いでしょう。注文住宅であれば、最初の設計の段階からさまざまな思いを形にしてもらうことができますし、庭も作ることができます。建売一戸建て住宅でも庭は少なからず存在しているのですが、思い通りのものかといったらそうでもないです。
庭の大きさ、家の大きさ、建築基準法にのっとっていれば、自由自在に組み立てていくことができます。そして、一戸建て住宅は土地も自分のものになりますので、売却時にはメリットが大きく発揮されるでしょう。

庭でいろいろなことができる

注文住宅で一戸建て住宅を建てた場合には、施主の想いが詰まった大きさの庭を作ることができます。これはとても大きなメリットであり、特に子供がいて、その子供が小さければ、子供と一緒に庭でさまざまな遊びもできるでしょう。これは、マンションではなかなかできません。
庭の大きさにもよるのですが、芝生を敷き詰めることで、子供と一緒になって寝転がったりできますし、芝生の上で相撲をとったり、楽しめます。それなりの大きさの庭を作ることができれば、そこでバーベキューもいいでしょう。
また、庭の一部を畑のような形にして家庭菜園を楽しむこともできてしまいます。その家族にあった形で庭をアレンジして楽しめるところがとても大きなポイントです。

分譲住宅の居住性にこだわりがあれば、木材の種類やデザインなどに工夫が見られる物件を中心に探してみましょう。