注文住宅を依頼する業者を選ぶポイントは?

ハウスメーカーと工務店の比較

家を建てようとする場合、始めに依頼する業者を選ぶ必要があります。注文住宅を依頼する業者としては、ハウスメーカーと工務店があります。さらに、設計を設計事務所に依頼することで、選択肢を増やすことができます。ハウスメーカーと工務店は大きく異なる点があります。ハウスメーカーは全国展開している場合が多く、工務店は地元に密着しています。ハウスメーカーは在来工法の他、2×4工法や軽量鉄骨プラハブ工法も手がけます。一方、工務店は木造軸組み工法が得意です。ハウスメーカーを選ぶ場合は、会社ごとに得意とする工法の違いがあることを把握する必要があります。ハウスメーカーの仕様は規格化されているので、その仕様を納得できるかどうかが選ぶ場合の基準となります。工務店は間取りや仕様を自由に決めることができます。工務店は地元に根を下ろしているので、メンテナンスまで面倒を見てくれるのがメリットです。

設計事務所の効果的な活用

デザイン住宅をつくろうとする場合は設計事務所に依頼する方法も考えられます。設計事務所は設計だけを請負い、施工は行わないのが一般的です。施工は工務店に別に依頼する必要があります。気にいった設計事務所を探すのは難しい場合もあるので、工務店や建築家と提携しているハウスメーカーから紹介してもらう方法も考えられます。デザイン住宅は機能よりもデザイン性を優先した住宅として注目を集めています。デザイン住宅も依頼先によって、出来ばえが異なります。注文住宅を依頼する場合は、依頼しようとする会社の過去の施工例を見せてもらい、納得できるかどうかを確認してから依頼することが大切です。住宅のつくり方は依頼先により様々です。依頼先の特徴を考慮して、選ぶことが大切です。

憧れのマイホームが欲しいけど、高くて買えないという方も多いのではないのでしょうか。そんな方には建売住宅がオススメです。注文住宅よりも安価で手に入ります。