注文住宅の種類とは?

安さが魅力のローコスト住宅

完成住宅を購入する分譲住宅とは異なり、施主の希望する間取りなどで建設できるのが注文住宅の魅力です。集合住宅とも異なり庭付きの家で周辺に気遣うことなく暮らせるのが一戸建てのメリットですが、従来はその価格の高さがネックでした。けれども分譲住宅で培ったノウハウを生かす形で誕生したローコスト住宅の普及により、誰でも手軽にオーダーメイドの注文住宅を建てられるようになりました。これは大手のハウスメーカーが提供するものですが、自社で独自に開発した建材を大量生産できることが安さの理由となります。さらに設計も、規格化された材料を使うことを前提とするので費用を抑えられるようになっています。デザインも豊富に揃うことで選択肢の幅が広がっています。

徹底的にこだわれる設計事務所の注文住宅

ローコスト住宅に対して、フルオーダーで設計できるのが設計事務所による注文住宅です。これは材料も全てオリジナルで加工するなど細部にわたるまでオーダーメイドによる設計となるのが特徴です。当然ながら費用は高くなりますし、施工業者も自分で探す必要があります。また設計事務所はこれぞれに独自のスタイルを持つことがあるので、そのデザイン性が施主の好みと合致するかどうかがポイントになります。最近では工務店と設計事務所が提携することで、比較的安い費用で設計できるケースもあります。設計士と工務店の職人との連携も取れるので、満足度の高い家を建てられるようになっています。また建設事務所からの基本設計をテンプレートとして用意する工務店もあるので、より手頃な費用でフルオーダーの家を建てられます。

一戸建てとはマンションのような複数の世帯が住む集合住宅とは違い、一つの世帯が入居するために作られた家のことです。